西川町は山形県のほぼ中央に位置し、磐梯朝日国立公園の主峰月山と朝日連峰の山麓に深く抱かれた自然豊かな町です。月山、湯殿山、羽黒山からなる出羽三山は古くは平安中期から修験の山、山岳信仰の場として崇められ、三山参りには今も多くの参拝客が訪れています。
 また、月山は全国有数の豪雪地帯でその残雪の雪渓を豪快に滑降する「夏スキー」のメッカとしても有名です。日本百名山にも選ばれ登山はもとより、山麓に広がるそれ夫々のフィールドを活用し四季を通してのトレッキングも注目を集めています。
 豊かな自然と里山の暮らし、伝統行事、魅力を発信するイベントなどを映像化しライブラリーとしてご覧いただけます。・・画像をクリックしてご覧下さい
月山の四季の魅力
四季の魅力・冬編 四季の魅力・春編 四季の魅力・秋編
月山花暦・6月編 月山花暦・7月編 月山花暦・8編
民族行事や祭りの映像
岩根沢・小正月行事 志津・雪旅籠の灯り 間沢・玉貴の雛祭り
吉川・炭焼体験 志津・開村400年祭 にしかわ秋まつり
出羽三山道中・三神社例大祭
大井沢・火渡り神事 大延の舞 倭姫の舞
太々神楽・大噴水・出羽の古道を歩く
宇賀舞 月山湖の大噴水 六十里越街道を歩く